京急?!

d0037451_19313838.jpg
今年の7月から勤務先が所沢になり、新たに西武池袋線を使うようになりました。
池袋線ホームでぼーっと電車待ちをしてた時、赤い車体がさーっと入ってきて、つい「えっ?京急?」と思ってしまいました…。実家が京急沿線にあり、赤い電車といえば京急だと刷り込まれてるので、ついついそんな反応に。それにしてもこのカラーリング、乗り慣れてた京急にしか見えない…。調べてみたら、やっぱり京急がからんでた!

どうやら先に京急が、真っ黄色の車体の「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」という、1本しか走ってない会えたらハッピーになれる電車、ってのを運行し始め、その黄色い車体が西武線に似ていると話題になり、京急側から西武に声をかけて、この「幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN レッドラッキートレイン)」が登場したらしいです。これもやはり1本しかなくて、巡り会えたらラッキー!ってなものらしいです。へー、知らなかったー。

普段の通勤中にこの赤い電車に巡り会えたら、実家のことを思い出して懐かしく思える…ってことで、ラッキーアイテムだってことにしようかね。



[PR]
# by kunisaru | 2017-12-05 01:40 | Comments(0)

My読書ログ #11 : 西川美和『その日東京駅五時二十五分発』

d0037451_15300178.jpg
kindleで本を最後まで読むと、同じ作者の他の本を紹介する画面が出てきます。先日、『永い言い訳』の読後の勢いで、西川美和さんの他の本をついポチッと購入してしまいました。

終戦の日当日、いち早く終戦を知った通信兵が、隊が解散となり、東京駅を朝の5時25分に発つ東海道線に乗って故郷の広島に戻るその道中と、それまでの彼なりの戦争について描かれた物語です。

「全てに乗りそびれてしまった少年」と表現される主人公。いよいよ本土決戦か、という時期にあっても、最前線でないため、いつになってもまだ実感がない、という状況が続く。そして、そのまま戦争が終わる。玉音放送が流れた時は電車の中にいて、でも車内には知らされておらず、自分だけが知っている状況による疎外感。最終的には原爆投下後の広島に戻るが、変わり果てた街を見て、やはりその状況に自分をどう置いて理解すれば良いのかがわからないままでいる…。

淡々と描写されていく、非日常の中の、特別でない姿。頭では理解できても実感が伴わない、という状態への納得感。悲惨な状況がありありと目に浮かぶような、他の戦争ものの話と比べて、かえってずっとリアリティを感じました。もしかしたら自分と同じような一般市民は、後世になって歴史として教わる内容よりも、ずっと普通の状況を生きていた(現代とは違うのはもちろんだけど)のではないかと思えたお話でした。



[PR]
# by kunisaru | 2017-11-30 00:24 | Comments(0)

せんべい?

d0037451_15071246.jpg


…と思いきや、手鏡!

d0037451_15071634.jpg


d0037451_15072080.jpg
「煎餅ミラー」という名で、元祖食品サンプル屋に売ってました。
食品サンプルそのものはそれだけでも見てて面白いけど、こんな風に何か使い道のある小物になっているのもなかなか楽しいです。ストラップとか、しおりとか、小物入れとか、いろんなものがあってどれも欲しくなったけど、あんまりかさばらず持ち歩けていいかなと思って、これにしてみました。


◆元祖食品サンプル屋 オリジナル小物
http://www.ganso-sample.com/item/gs_originalgoods.html



[PR]
# by kunisaru | 2017-11-19 15:22 | Comments(0)

『つれづれぶろぐ』 #4

d0037451_00105998.jpg
当ブログ、4冊目の本を出版致しました。出版というとちょっと恥ずかしいですが、まだまだアナログ体質なので、やはり手に取れる実物として残したい気持ちがあり、1冊分くらいの記事がたまると、まとめ本をつい作っちゃいます。

前回3冊目を作ったのが2011年9月だったので、約6年ぶり。
http://withmilk.exblog.jp/14547441/

今回の4冊目は、育休が明けて娘が保育園に入園した2011年4月からの分で、1冊に収められる切りのいいところで3年9ヶ月分になりました。これの前の3冊は、だいたい1冊で2年分くらいだったのですが、ブログの投稿ペースが落ちたこともあり、長めの期間となりました。

娘の保育園生活、次第に人間らしくなってきた幼児の育児の大変さや面白さ、ちょいちょい仕事のグチも間にはさみながらも、自分ひとりだけと比べると毎日いろんなコトが起きて充実してるってことなのかな、と、読みながら振り返って感じました(まぁ当時はそんな風にのんきには思えなかったけど)。
そういえば、この頃はまだ娘を「プー子」と書いていた頃だったな。いつの間にかその呼び名が似合わない感じに育って使わなくなっちゃったので、久しぶりに目にしてなんとも懐かしかったです。

本にできること自体をずいぶん長く忘れていたので、今回出来上がった本の内容は、すでに割と昔のことになっていました。次の5冊目に含める予定の記事はたまりつつありますが、期間にすると3年近くになるけどまだまだ1冊分には満たない…いつ出版できるのやら。。



[PR]
# by kunisaru | 2017-11-11 14:35 | Comments(0)

ちょっとそこまでりんご狩り

d0037451_23365914.jpg
りんご狩りに行きました。行先はなんと世田谷区の農園!うちから車で約20分!ホントに、ちょっとそこまで…という近さで、りんご狩りができるなんて知らなかったのでびっくりです。
環八にほど近い場所にあるのに、かなり静かな住宅地。その中にひょっこり出てきたりんご狩りの旗。ホントにありました。

d0037451_23370561.jpg
本日お邪魔したのは高橋果樹園さんというところ。採らせてもらったのは、「秋映(あきばえ)」と「陽光(ようこう)」という2種類。実際に採りに行く前に味見をさせてもらって、自分の好みを確認してから挑んだのに、テンションあがり過ぎてカゴの中に混ぜて入れちゃったもんだから、もうどれがどれだらわからん…。ま、でもどっちも美味しいからいいや。
採った分だけ、1kgあたり1000円で購入します。


d0037451_23371747.jpg
りんご以外にも、いろいろな野菜の畑があり、お願いして大根も引っこ抜かせてもらいました。かなり立派な大根!7歳児にはかなり大変で、農園のおじさんにほとんど抜いてもらっていました。


それにしても、近所でこんな体験ができるなんてホントにありがたいです。りんごの他に、ちょっと早ければくり拾いとかプルーン狩りとかもできるようなので、来年も時期をみて行ってみたいと思います。
とりあえずしばらくは、りんご&大根三昧の日々が続くな…。(^^;


◆リンゴ、ナシもぎとり(ふれあい農園) 世田谷区HPより
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/101/116/302/304/d00120756.html



[PR]
# by kunisaru | 2017-11-05 23:59 | Comments(0)

cafe au lait w/LUPIN(2016/02/11)


by kunisaru
プロフィールを見る
画像一覧